スーパーキッズ・オーケストラ・OBプロジェクト スーパーストリングスコーベ

Member

⋅⋅⋅2020サマーコンサート出演決定!【随時更新】

〈ヴァイオリン〉

〈ヴィオラ〉

〈チェロ〉

〈コントラバス〉

〈アンサンブル〉

  • RUNE & JUNE
  • カルテット京都
  • カルテット東京

〈ヴァイオリン〉

立上舞 たてがみまい (SKO初代コンミス)

立上 舞

兵庫県出身。6歳よりヴァイオリンを始め、14歳で佐渡裕と共演。佐渡裕とスーパーキッズオーケストラ初代コンサートミストレスを務める。平成27年度「音楽の友」期待されるヴァイオリニストに選出され、翌年には第1回Orford音楽賞と全ての副賞をカナダにて受賞。 SMF国際コンクール第3位、ABC新人オーディション合格、松方音楽賞奨励賞、ブラームス国際コンクール特別賞、パブロカザルス音楽祭室内楽特別賞等、多数の国内外の受賞歴を持つ。 兵庫県芸術文化センター大ホールを初めとする日本各地、ドイツ、カナダ、アメリカでリサイタルを行い、オーケストラとも共演。在ドイツ日本大使館や、北米、欧州の音楽祭に招かれ、チャイコフスキーコンクールの覇者やエリザベート王妃国際コンクールの入賞者等と共演を重ねる。 東京藝術大学卒業時に同声会賞を受賞し、ハンス・アイスラー音楽大学、ベルリン芸術大学大学院を最優秀で卒業。ベルリン放送交響楽団、ベートーヴェンオーケストラボンで活躍し、現在ロンドンフィルハーモニー管弦楽団第2コンサートマスター(契約)。 高校1年時より、小澤征爾氏の元でも研鑽を積み、2016年よりサイトウキネンオーケストラにも参加している。(スーパーストリングスコーベのコンサートミストレスで、第一回定期演奏会ではソリストも務めた。)
オフィシャルWebsite:
http://www.maitategami.com

2020サマーコンサート出演決定!
石上真由子 いしがみまゆこ (2009年度SKO卒)

石上真由子

5歳からヴァイオリンを始め、8 歳の時にローマ国際音楽祭に招待される。 高校 2 年生で第 77 回日本音楽コンクール第 2 位、併せて聴衆賞及び E・ナカミチ賞受賞。第 7 回ルーマニア国際音楽コンクール弦楽部門第 1 位、全部門最優秀賞及びコンチェルトデビュー賞受賞。第 5 回宗次エンジェルヴァイオリンコンクール第 4 位受賞。第 14 回チェコ音楽コンクールヴァイオリン部門第 1 位受賞。2017 年 9 月バルトークコンクールにて特別賞受賞。 NHK-FM 名曲リサイタルやリサイタル・ノヴァに出演。NHK テレビではドキュメンタリーや、東京交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団との共演も放送された。 東京交響楽団、京都市交響楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、ブラショフ国立交響楽団、関西フィルハーモニー管弦楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、東京ニューシティ管弦楽団、セントラル愛知交響楽団など、国内外で多数のオーケストラと共演。 アメリカ・ヨーロッパ各地の音楽祭・演奏会に出演。 ソロ活動と共に長岡京室内アンサンブル、アンサンブル九条山のメンバーとしても活躍している。 Ensemble Amoibe シリーズ主宰。Music Dialogue アーティスト。CHANEL Pygmalion Days 室内楽アーティスト。京都コンサートホール第1期登録アーティスト。 日本コロムビアより CD「ヤナーチェク:ヴァイオリン・ソナタ」好評発売中。

野田明斗子 のだあとこ (2009年度SKO卒)

野田明斗子

東京藝術大学卒業。 『佐渡裕とスーパーキッズオーケストラ』2006~2009年、2014年の演奏会に参加。 ザルツブルク=モーツァルト国際室内楽コンクール第3位受賞。藝大室内楽定期演奏会に選出。奈良フィルハーモニー管弦楽団と協奏曲を共演。在学中より国内主要オーケストラに多数客演。京都堀川音楽高等学校非常勤講師を経て、現在、京都市交響楽団ヴァイオリン奏者。これまでに渡辺美穂、岩谷悠子、四方恭子、永峰高志の各氏に師事。

堀江恵太 ほりえけいた (2010年度SKO卒)

堀江恵太

大阪府吹田市出身。「佐渡裕とスーパーキッズオーケストラ」に7年間所属。北野高等学校123期卒。京都市立芸術大学を首席で卒業し、京都市長賞などを受賞。ウィーン国立音楽大学に留学し、ライナー・キュッヒル氏のもと修士過程を最優秀で修了。第6回横浜国際音楽コンクール部門第1位。第19回高槻音楽コンクール第1位など。2013,14年度公益財団法人青山財団度奨学生。ジョージア(旧称グルジア)国立トビリシ音楽大学オーケストラ、日本センチュリー交響楽団と共演。 これまでにヴァイオリンを北淳子、松田淳一、ギオルギ・バブアゼ、レオニード・ソロコフ、ライナー・キュッヒルの各氏に、室内楽をアヴェディス・クユムジャン、ヨハネス・マイッスルの各氏に師事。ブランデンブルグ交響楽団(独)で活躍する他、京都市立芸大オーケストラ、ウィーン・プロアルテ管などで度々コンサートマスターを務める。また、群馬交響楽団にも客演コンサートマスターとして出演。兄妹とのピアノ三重奏「堀江トリオ」や「スーパーストリングスコーベ」のメンバーとして、また、「ケイタ・リング・アンサンブル」の主宰として活動している。

伊藤さくら いとうさくら (2010年度SKO卒)

伊藤さくら

兵庫県たつの市出身。「佐渡裕とスーパーキッズ・オーケストラ」にて2010年度にてコンサートミストレス兼リーダーを、卒団後の10周年記念ツアーで2ndヴァイオリントップ及びリーダーを務める。兵庫県立龍野高校、桐朋学園大学を経て、2014年チェコ国立ヤナーチェク音楽アカデミー、学士課程修了。在学中、チェコ国立ブルノフィルハーモニー管弦楽団などで演奏すると共に、チェコ国内の4都市でDUOコンサートを行い好評を博す。第21回ヤナーチェク国際音楽コンクールセミファイナリスト。またEUエラスムス制度により、チェコ政府からの奨学金を得て1年間、ウィーン国立音楽大学に於いてライナー・キュッヒル氏に師事。その他、国際ユースオーケストラアカデミー(ドイツ)にてゲバントハウスのオーケストラメンバーに指導を受けるなど、ヨーロッパ各地多数のマスタークラスに参加。現在リンツブルックナー音楽大学大学院に在籍。2017年よりスーパーストリングスコーベに在籍。2018年よりチェコフィルハーモニーアカデミー生。

川村萌 かわむらもえ (2011年度SKO卒)

川村萌

兵庫県出身。5歳よりヴァイオリンを始める。「佐渡裕とスーパーキッズ・オーケストラ」に在籍。 東京芸術大学卒業、同大学修士課程修了。2017年よりスーパーストリングスコーベに在籍。 第10回高槻音楽コンクール教育委員会賞受賞。第63回全日本学生音楽コンクール大阪大会高校生の部入選。 平成30年中日平和友好条約締結40周年記念式典にて演奏。 平成31年にピアニスト奥谷翔とのデュオ・リサイタルをおこなう。 ヴァイオリンを曽我部千恵子、久合田緑、澤和樹、ピエール・アモイヤル、植村太郎、漆原朝子に、室内楽を澤和樹、ペーター・コムローシュ、河野 文昭の各氏に師事。

北條エレナ ほうじょうえれな (2011年度SKO卒)

北條エレナ

ミラノ近郊ノヴァーラ出身。「佐渡裕とスーパーキッズ・オーケストラ」に在籍。京都堀川音楽高等学校弦楽専攻首席卒業。京都市立芸術大学弦楽専攻首席卒業。オーストリア、フランス、イタリア、オランダにてマスタークラス修了ディプロマ取得。イタリアウルビス音楽祭では最高位ディプロマを授与。ロータリークラブ青少年コンクール第1位及びガバナー賞。スペインGROBA国際ヴァイオリンコンクールセミファイナリスト。第20回KOBE国際音楽コンクールC部門(18~32歳)奨励賞。大阪、神戸、イタリア、オランダにてリサイタルを開催。NHKFMリサイタル・ノヴァ、ラフォルジュルネ、ルポン音楽祭、ローマ野外音楽祭等に出演。2017年よりスーパーストリングスコーベに在籍。京都市立芸術大学メンバーによるユニット「カルテットKYOTO」や、「スーパーストリングス・カルテット」としても活動。

2020サマーコンサート出演決定!
櫃本樹音 ひつもとじゅね (2012年度SKO卒)

櫃本樹音

大阪府出身。「佐渡裕とスーパーキッズ・オーケストラ」に在籍。 京都京都堀川音楽高等学校弦楽専攻首席卒業。 京都市立芸術大学首席卒業。2014年第19回神戸国際コンクール優秀賞、神戸市教育委員会賞受賞。マキシム・ヴェンゲーロフ&ヤングアーティスト公演に出演。ガブリエルリプキンのマスタークラスを受講。第17回日本演奏家コンクールにて特別賞受賞。2017年3月小澤征爾音楽塾に出演。2016年青山財団奨学生。2017年よりスーパーストリングスコーベに在籍。京都市立芸術大学メンバーによるユニット「カルテットKYOTO」や、姉妹デュオ「RUNE&JUNE」として、精力的に活動している。

浮村恵梨子 うきむらえりこ (2010年度SKO卒)

浮村恵梨子

大阪府出身。「佐渡裕とスーパーキッズ・オーケストラ」に在籍。東京藝術大学を経て東京藝術大学大学院修士課程修了。卒業時に大学院アカンサス音楽賞受賞。第19回日本クラシック音楽コンクール高校の部全国大会最高位受賞。第32回霧島国際音楽祭にて、霧島国際音楽祭賞受賞。ザルツブルク=モーツァルト国際室内楽コンクール2012奨励賞受賞。第7回全日本芸術コンクール第1位受賞。ウィーン国際音楽ゼミナールにて、ディヒラーコンクール第1位受賞。 小澤征爾音楽塾オペラプロジェクトに参加。PMF2015に参加。2018よりスーパーストリングスコーベに在籍。

勝又菜穂 かつまたなお (2011年度SKO退)

勝又菜穂

神戸市出身。 5歳よりヴァイオリンを始める。 2006年より佐渡裕とスーパーキッズオーケストラに参加。小澤征爾音楽塾オーケストラプロジェクトⅡ、2016年にはウィーンフィルハーモニー管弦楽団のプロジェクトでのユースオーケストラなどで研鑽を積む。 第8回万里の長城杯国際音楽コンクール 第2位、第11回関西弦楽コンクールにおいて最優秀賞および審査員特別賞を受賞、第13回全日本学生音楽コンクール大阪大会奨励賞を受賞。 2016年 明石フィルハーモニー管弦楽団とメンデルスゾーンヴァイオリン協奏曲を共演。 東京藝術大学音楽学部音楽高校を卒業。京都市立芸術大学を卒業。 四方恭子 澤和樹 沼田園子 景山誠治 山崎貴子 若林暢 近藤緑 林泉 吉田馨 磯村洋子 各氏に師事。 室内楽をMarko Ylönen 澤和樹 四方恭子 上村昇 上森祥平 各氏に師事。現在ドイツ在住。

柳楽毬乃 なぎらまりの (2012年度SKO卒)

柳楽毬乃

島根県出身。「佐渡裕とスーパーキッズ・オーケストラ」に在籍。京都市立芸術大学を経て、同大学院大学院音楽研究科修士課程器楽専攻を卒業。第16回KOBE国際音楽コンクール優秀賞受賞。第59回西日本国際音楽コンクール入賞。 2015年ウィーンナームジークセミナー特待生としてウィーン国立音楽大学セミナー、島根県大田市大森にて破魔澄子氏のマスタークラスに参加。なかうみ交響楽団とメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲を共演。2017年よりスーパーストリングスコーベに在籍。カルテット、デュオなどでも活動を行っている。スーパーキッズ・オーケストラへはヴァイオリン賛助メンバーとして後進の育成に積極的に携わっている。

堀内星良 ほりうちせいら (2013年度SKO卒)

堀内星良

滋賀県大津市出身、3歳よりヴァイオリンを始める。「佐渡裕とスーパーキッズ・オーケストラ」に在籍。滋賀県立石山高等学校音楽科を経て、東京藝術大学音楽学部を首席で卒業。在学時に安宅賞を、卒業時にアカンサス音楽賞、三菱地所賞を受賞。2019年レオニードコーガン国際コンクール第1位をはじめ、国内コンクールに於いて一位、上位入賞多数。2015年に滋賀県芸術文化祭奨励賞、2016年に平和堂財団音楽部門芸術奨励賞、令和元年度滋賀県次世代文化賞を受賞。 東京藝大モーニングコンサート、新卒定期にて藝大フィルと、モスクワにてオーケストラと共演。 これまでに、ヴァイオリンを中谷真美、池川章子、ジェラール・プーレ、玉井菜採、ソンシク・ヤン各氏、現在、スイスのローザンヌ高等音楽院にてスヴェトラーナ・マカロヴァ氏に師事。 2017年よりスーパーストリングスコーべに在籍。東京藝大メンバーによるユニット「カルテットTOKYO」メンバー。公益財団法人 平和堂財団 海外留学助成者。

2020サマーコンサート出演決定!
中川雲母 なかがわきらら (2013年度SKO卒)

中川雲母

西宮市出身。「佐渡裕とスーパーキッズ・オーケストラ」に在籍。兵庫県立西宮高等学校音楽科、京都市立芸術大学卒業。第23回クラシック音楽コンクール5位受賞。第7回クオリア音楽コンクール2位受賞。 ダヌビアタレンツ国際音楽コンクール(ハンガリー)2位受賞。第7回みおつくし音楽祭大阪クラシック音楽コンクール1位、大阪府知事賞受賞。 佐渡裕とスーパーキッズ・オーケストラに参加。2018年、京都文化博物館でリサイタルを開催。五嶋龍氏マスタークラス受講。卒業演奏会に出演。大阪アーティスト協会主催フレッシュコンサートに出演。 2019年新人芸術家育成プロジェクト・リサイタルシリーズvol.24に出演。 大谷玲子氏、小栗まち絵氏に師事。 現在、相愛大学大学院音楽研究科在学中。2017年よりスーパーストリングスコーベに在籍。勢力的に演奏活動を行っている。

2020サマーコンサート出演決定!
大和美祈 やまとみのり (2014年度SKO卒)

大和美祈

5歳よりバイオリンをはじめる。 2008年よりスーパーキッズ・オーケストラに入団し、2014年に卒団。 2016年第26回日本クラシック音楽コンクール弦楽器部門大学の部全国大会3位。 2016年より長岡京室内アンサンブルメンバーとして活動中のほか、現在、兵庫県立西宮高等学校音楽科、作陽音楽短期大学を経てベルギーのブリュッセル王立音楽院に在学中。 これまでに、松本尚三、谷本華子、高木和弘、アキ・ソリエール、森悠子の各氏に師事。国内外において勢力的に演奏活動を行っている。

2020サマーコンサート出演決定!
林周雅 はやししゅうが (2015年度SKO卒)

林周雅

東大阪市出身。小学4年生より9年間に渡り「佐渡裕とスーパーキッズ・オーケストラ」に在籍。初の男子コンサートマスターを務める。2007年より、ポップス、jazzユニットRio&Syugaを結成。これまでにCD3枚、DVDをリリース。京都堀川音楽高等学校弦楽専攻を経て現在東京藝術大学器楽科卒業。2009年全日本学生音楽コンクール大阪大会小学校の部第2位、全国大会横浜市民賞授賞、2009年日本クラシック音楽コンクール全国大会第2位(1位なし)。2011年全日本学生音楽コンクール大阪大会中学校の部奨励賞。楽天イーグルス対日本ハムファイターズの試合前での国歌演奏始球式を単独で務める。2014年全日本学生音楽コンクール大阪大会高校生の部第2位全国大会入選。2014年日本クラシック音楽コンクール、全国大会高校生の部第3位(1位なし)。2015年日本センチュリー交響楽団と共演。摂津音楽祭リトルカメリアコンクール金賞(第1位) 聴衆賞大阪府知事賞授賞。2017年よりスーパーストリングスコーベに在籍。東京藝大メンバーによるユニット「カルテットTOKYO」や、ヴァイオリンとヴィオラによるデュオ「OMUSIBI!」としても活動している。その他、各種アーティストのサポートやレコーディングにも精力的に参加している。

宮崎絢花 みやざきあやか (2016年度SKO卒)

宮崎絢花

4歳半よりバイオリンを始める。 第70回全日本学生音楽コンクール大阪大会第3位、全国大会横浜市民賞(聴衆賞)及び入選。第24回日本クラシック音楽コンクール高校の部第4位、第26回同コンクール高校の部第2位(最高位)。 第21回KOBE国際音楽コンクール最優秀賞、神戸市民文化振興財団賞。 第35回アゼリア新人演奏会に出演、優秀賞受賞。 第2回豊中音楽コンクール第1位、最優秀賞(豊中市長賞)。 2011~2017まで「佐渡裕とスーパーキッズオーケストラ」に在籍、2016年度コンサートミストレスを務める。 これまでに、林美紗氏、田村千恵子氏に師事、増永花恵氏より指導を受ける。現在、玉井菜採氏に師事。兵庫県立西宮高校音楽科を経て、現在東京藝術大学在学中。勢力的に演奏活動を行っている。

2020サマーコンサート出演決定!
二上りか子 ふたがみりかこ (2016年度SKO卒)

二上りか子

奈良県出身。 3歳からヴァイオリンを始める。「佐渡裕とスーパーキッズ・オーケストラ」に在籍。第14回 KOBE国際学生音楽コンクール優秀賞、兵庫県芸術文化協会理事長賞。第18回 関西弦楽コンクール優秀賞、審査員賞。第70回 全日本学生音楽コンクール大阪大会本選奨励賞。第26回日本クラシック音楽コンクール高校の部第4位。彩の国String Competition4th 最優秀賞。いこま国際音楽祭でクロージングコンサート出演、及び聴衆賞。ミュージックセミナーinゆうばりに参加。現在、野口千代光氏に師事。東京藝術大学在学中。2017年よりスーパーストリングスコーベに参加。勢力的に演奏活動を行っている。

梶原千聖 かじはらちさと

梶原千聖

静岡県出身。兵庫県立西宮高等学校音楽科を経て、京都市立芸術大学在学中。第17回KOBE国際音楽コンクールA部門優秀賞、神戸市民文化振興財団賞。第19回姫路パルナソス音楽コンクール優秀賞。クオリア音楽フェスティバル第5回弦楽部門中学生第1位。第2回豊中音楽コンクール高校の部管弦楽部門第2位。第11回べーテン音楽コンクール高校生部門第1位。2018年3rd International Tadeusz Wroński Violin Course in Nałęczów(ポーランド)にてディプロマ取得。第3回ナウェンチュフ国際ヴァイオリンコンクール第3位。2011年、第7回浅原ヴィヴァンテオーケストラ演奏会(広島)にてソリストを務める。2017年、開成館サロンコンサートBY PROMISING YOUNG ARTISTSに出演。2018年よりスーパーストリングスコーベに在籍。ソニー主催、スタンドアップミュージックなど、精力的に活動を行う活躍中のアーティストである。

〈ヴィオラ〉

東条慧 とうじょうけい

東条慧

山梨県甲府市出身。オーケストラや室内楽に積極的に参加し、フランス国立放送フィルハーモニー管弦楽団、パリ管弦楽団のアカデミーへの選出や、「フォル・ジュルネ・カメラータ」のメンバーとして日本やフランス各地で演奏会を行う。 その他、小澤征爾スイス国際室内楽アカデミー、マルボロ音楽祭(アメリカ)、 ジヴェルニー音楽祭(フランス)、ヴィオラスペース(東京)などにも招待される。 またソリストとしては、 ライオネル・ターティス(イギリス)、ウィリアム・プリムローズ(アメリカ)、ベートーヴェン(チェコ)など の国際ヴィオラコンクールにて入賞。 第三回東京国際ヴィオラコンクールでは、第二位に併せてバッハ賞、 聴衆賞、サントリー芸術財団賞を受賞。 これまでに、小野富士、Marie-Christine Witterkoer、Jeffrey Irvine、Jean Sulem、また 2016 年にパリ 国立高等音楽院修士過程を卒業後、ベルリンに拠点を移してから Tabea Zimmermann、清水直子ら各氏に師事している。 昨年 9 月からはカラヤンアカデミーのメンバーとして、ベルリンフィルハーモニー管弦楽団にてソロやアンサンブルの研鑽を積んでいる。

2020サマーコンサート出演決定!
長田健志 ながたけんし (2012年度SKO卒)

長田健志

兵庫県宍粟市出身。「佐渡裕とスーパーキッズ・オーケストラ」に在籍。ヴィオラ首席奏者およびリーダーを務める。東京藝術大学器楽科卒業。2015年姫路パルナソス音楽コンクール入賞。日本演奏家コンクール奨励賞受賞。2016年 9月よりカルテット振興プロジェクト「プロジェクト Q」に選出。プロオーケストラやソロ、アンサンブルなどを中心に精力的に活動をおこなっている。2017年よりスーパーストリングスコーベに在籍。東京藝大メンバーによるユニット「カルテット TOKYO」としても活動。2018年よりスーパーキッズ・オーケストラへコーチとして参加。後進の指導を積極的に行なっている。スーパーストリングスコーベ、オーケストラリーダー。

野澤匠 のざわたくみ (2011年度SKO卒)

野澤匠

兵庫出身。「佐渡裕とスーパーキッズ・オーケストラ」に在籍。 県立西宮高校音楽科、東京藝術大学をヴァイオリンで卒業。同大学院室内楽科への入学をきっかけにヴィオラに転向。学内にて大学院アカンサス音楽賞受賞。京都フランスアカデミー、Music Academy of Villecrozeなど多数のマスタークラスを受講。第16回プロジェクトQ参加。長岡京室内アンサンブルメンバー。室内楽を中心に精力的な音楽活動を行なっている。ヴィオラを市坪俊彦、ミゲル・ダ・シルバの各氏に師事。 2019年よりスーパーストリングスコーベに参加。

2020サマーコンサート出演決定!
春田真理子 はるたまりこ (2008年度SKO卒)

春田真理子

大阪教育大学芸術専攻音楽コース卒業。 『佐渡裕とスーパーキッズオーケストラ』一期生として2003年~2008年、2014年の演奏会に参加。 ヴィオラスペースに於いて今井信子氏のマスタークラスを受講。また東京国際芸術協会より推薦を受け受講費免除でモスクワ音楽院マスタークラスを修了、他にもパリ国際音楽アカデミー、クールシュヴェール国際音楽アカデミー等海外の講習会にも積極的に参加しヴァイオリン、ヴィオラ、楽曲分析のクラスを受講する。 関西弦楽コンクール優秀賞並びに審査員賞、日本クラシック音楽コンクール最高位、大阪国際音楽コンクールファイナル入選。 これまでにヴァイオリンを故 稲岡和、北浦洋子、辻久子、宗倫匡、ヴィオラを吉海めぐみ、稲垣琢磨、安積宜輝各氏に師事。 2015年より一般社団法人 アマービレフィルハーモニー管弦楽団に在籍しながら、2017年には秋篠音楽堂にてソロリサイタル開催、ブルガリア国立ソフィアフィルハーモニー管弦楽団とヴィオラコンチェルトを共演するなどソロ活動にも力を注いでいる。 奈良県音楽芸術協会、川西音楽家協会、神戸フォーレ協会各会員。2019年よりスーパーストリングスコーベに在籍。

有田朋央 ありたともひろ (2010年度SKO卒)

大阪府出身。3才からヴァイオリンを、15才でヴィオラに出会う。東京藝術大学卒業後、ベルリン・ハンスアイスラー音楽大学卒業。ドイツ・カンマーフィルハーモニー管弦楽団アカデミーで研鑽を積む。 2014年セシール・アロノヴィッツ国際ヴィオラコンクール(イギリス)ファイナリスト。ザルツブルク = モーツァルト国際室内楽コンクール第2位受賞。ヴェルビエ音楽祭(スイス)、ルツェルン音楽祭(スイス)、宮崎国際音楽祭、北九州国際音楽祭、ル・ポン音楽祭、小澤国際室内楽アカデミー奥志賀、佐渡裕とスーパーキッズオーケストラ、ブーレーズ追悼演奏会(スイス)、テレビ朝日『題名のない音楽会』等に出演。これまでにソリストとして藝大フィルハーモニア管弦楽団、コジマ・ムジカ・コレギア、バーミンガム音楽院ストリングスオーケストラ等と共演。 ベルリン・フィルの Amihai Grosz 、Mate Szucs 、Walter Kuessner や今井信子の各氏に教えを受ける。 ヴァイオリンを故・東儀幸、故・工藤千博の各氏に、ヴィオラを市坪俊彦氏に師事。

上山瑞穂 うえやまみずほ (2005年度SKO卒)

上山瑞穂

4歳よりヴァイオリンを始める。2004~'05年、「佐渡裕とスーパー・キッズオーケストラ」に参加。2011年京都市立芸術大学音楽学部卒業。 2014年ペルージャ国立音楽院ヴァイオリン科及び同音楽院を満点、特別名誉賞を得て卒業。2014年~2016年ピネローロ音楽院ヴィオラ科、ミラノ"Milano Music Master School"アカデミーに在籍。さらに、'18 年、ペルージャ国立音楽院ヴィオラ科を、満点、特別名誉賞を得て卒業。 2008年、日本演奏家コンクール大学の部第2位及び芸術賞受賞。 イタリアにて"Florestano Rossomandi"コンクール、"Riviera Etrusca"国際コン クールにてソリスト部門1位、"Città di Riccione"コンクール第2位、 "Premio Crescendo"国際コンクール第2位、"Val Tidone"国際コンクール室内楽部門第3位など。 2013年よりオルケストラ・ダ・カメラ・ディ・ペルージャ首席ヴィオラ奏者。フィレンツェ五月音楽祭管弦楽団、ボルツァーノ・トレント・ハイドン管弦楽団、プラート管弦楽団などイタリア各地のオーケストラにて活動を行う。 2016年より現代音楽を主に研究をおこなう弦楽四重奏団NEXT(New Ensemble Xenia Turin) ヴィオラ奏者。 これまでに、ヴァイオリンを住野由佳子、香西理子、梅原ひまり、パオロ・フランチェ スキーニ、クリスティアーノ・ロッシ、ヴァディム・ブロツキー、アドリアン・ピンツ ァルの各氏、ヴィオラを山本由美子、ロレンツォ・マッソッティ、シモーニデ・ブラコ ーニ、ルカ・ラニエリの各氏、室内楽を久合田緑、上村昇、山本由美子、豊嶋泰嗣、フ ランチェスコ・ペピチェッリの各氏に師事。

小椋小野花 おぐらさやか (2013年度SKO卒)

小椋小野花

奈良県出身。「佐渡裕とスーパーキッズ・オーケストラ」に在籍。奈良女子大学附属中等教育学校卒業。京都市立芸術大学弦楽専攻卒業。 これまでに、 第67回全日本学生音楽コンクール高校生の部 大阪大会入選。第25回日本クラシック音楽コンクール大学生の部第4位(最高位)。五十嵐由紀子、泉原隆志の各氏に師事。 2017よりスーパーストリングスコーベに在籍。京都市立芸術大学メンバーによるユニット「カルテットKYOTO」メンバー。

桂田光理 かつらだひかり (2015年度SKO卒)

桂田光理

兵庫県出身。「佐渡裕とスーパーキッズ・オーケストラ」に在籍。 2014年第16回日本演奏家コンクール弦楽器部門第一位。2014年第24回日本クラシック音楽コンクールビオラ部門第三位(最高位)。2015年第18回姫路パルナソス音楽コンクール弦楽器部門入賞。 ル・ポン国際音楽祭、ラ・フォル・ジュルネTOKYO等に出演。2020年5月に京都・国際音楽学生フェスティバルに出演予定。 東京藝術大学を経て、現在同大学修士課程に在籍。 ヴィオラを、ザザ・ゴグア、山本由美子、市坪俊彦、百武由紀の各氏に、室内楽を、松原勝也、菊池知也、入江一雄、山本美樹子、津田裕也、苅田雅治、百武由紀の各氏に師事。 2017年よりスーパーストリングスコーベに在籍。アンサンブル、カルテットメンバーとしても活動。勢力的に演奏活動を行っている。

和田美祈 わだみき (2016年度SKO卒)

和田美祈

9歳からヴァイオリンをはじめる。スーパーキッズ・オーケストラにヴィオラメンバーとして入団したのを機に17歳で転科。兵庫県立西宮高校音楽科卒業、東京藝術大学在学中。第32回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール弦楽器部門高校生の部第5位、第4回いかるが音楽コンクール弦楽器プロフェッショナルの部高校生第1位、第26回日本クラシック音楽コンクール・ヴィオラ部門第3位(最高位)受賞。2017年よりスーパーストリングスコーベに在籍。勢力的に演奏活動を行っている。

2020サマーコンサート出演決定!
平井菜月美 ひらいなつみ (2014年度SKO卒)

平井菜月美

兵庫県出身。5歳よりヴァイオリンを始める。「佐渡裕とスーパーキッズ・オーケストラ」に在籍。兵庫県立西宮高等学校音楽科を経て、大阪教育大学教育学部教養学科芸術専攻音楽コース卒業。在籍中にヴィオラに転科。 第62回全日本学生音楽コンクール大阪大会入選。第10回関西弦楽コンクール優秀賞及び審査員賞。第15回万里の長城杯国際音楽コンクール弦楽部門高校の部第2位(最高位)。2017年よりスーパーストリングスコーベに在籍。スーパーキッズ・オーケストラへはアシスタントマネージャーとして運営をサポートしている。

〈チェロ〉

2020サマーコンサート出演決定!
櫃本瑠音 ひつもとるね (2011年度SKO卒)

櫃本瑠音

大阪府出身。「佐渡裕とスーパーキッズ・オーケストラ」に在籍。京都堀川音楽高等学校を経て、京都市立芸術大学音楽学部弦楽専攻首席卒業。第66回全日本学生音楽コンクール大学生部門一位。第86回日本音楽コンクールチェロ部門にて本選入選及び岩谷賞受賞。2014年8月佐渡裕指揮シエナウインドオーケストラと共演。題名の無い音楽会に出演。 平成27年度青山財団奨学生。2017年よりスーパーストリングスコーベに在籍。京都市立芸術大学メンバーによるユニット「カルテットKYOTO」や、姉妹デュオ「RUNE&JUNE」として、精力的に活動している。現在パリ在住。

加藤菜穂 かとうなお

加藤菜穂

東京藝術大学音楽学部を卒業し、同大学院音楽研究科修士課程修了。「佐渡裕とスーパーキッズオーケストラ」に第1期生として入団。第11回 KOBE国際学生音楽コンクール弦楽器部門優秀賞。第7回 泉の森ジュニアチェロコンクール中学生部門銅賞。2007年 びわ湖シンフォニーホールにて京都市交響楽団と共演。第20回 日本クラシック音楽コンクール弦楽器部門全国大会第2位。音楽への道CEM企画による「キオスクコンサート」に出演。姫路・パルナソスホール「フレッシュコンサート2010」に出演。第6回 横浜国際音楽コンクール入賞。第4回コンコルソ ムジカアルテ金賞。2013年フランスへ留学。2014年 パリ地方音楽院にて研鑽を積む。2015年コンセール・ヴィヴァン新人オーディション 優秀賞受賞。これまでに故杉山實、森田健二、フィリップ・ミュレール、雨田一孝、ドナルド・リッチャー、ドミニク・ド・ウィリアンクール、河野文昭、西谷牧人、花崎薫の各氏に師事。2019年よりスーパーストリングスコーベに在籍。

2020サマーコンサート出演決定!
山根風仁 やまねふうと (2014年度SKO卒)

山根風仁

高知県出身。チェロを10歳で始める。「佐渡裕とスーパーキッズ・オーケストラ」に在籍。首席チェロ奏者を務める。2010年ブルガリア国立ソフィアフィルハーモニー管弦楽団と共演。2011年第13回関西弦楽コンクール優秀賞及び審査員賞を受賞。2012年第22回日本クラシック音楽コンクール弦楽器部門第1位。2013年第5回姫路パルナソス音楽コンクールにて、池辺晋一郎賞(最優秀賞)受賞。2014年第14回泉の森ジュニアチェロコンクール高校生以上の部金賞。第68回全日本学生音楽コンクール高校の部第2位。2015年同コンクール大学の部第2位。2016年第12回ビバホールチェロコンクールにて井上賞(特別賞)受賞。ルーマニア国際音楽コンクールアンサンブル部門第2位。土佐高校を経て、東京藝術大学音楽学部器楽科卒業。在学中に安宅賞、卒業時にアカンサス音楽賞を受賞。2018, 2019 年度、東京藝術大学バッハカンタータクラブの演奏委員長を務め、バッハの宗教作品に指揮者として取り組む。ソリスト、室内楽奏者として、国内外のオーケストラ、奏者と多数共演するほか、古楽器奏者として、オーケストラ・リベラ・クラシカ、コントラポント、ラ・ムジカ・コッラーナをはじめとする公演、録音に参加する。TV 朝日「題名のない音楽会」、NHK-FM「古楽の楽しみ」等に出演。2019 年、バロックから近現代までの作品をヒストリカルに演奏することを目的とした演奏団体 ”Lynx Consort”を立ち上げ、第一線で活躍する奏者とともにコンサートシリーズを展開している。これまでにチェロを上塚幸代、上塚憲一、河野文昭、鈴木秀美の各氏に師事。2020 年秋より、英国王立スコットランド音楽院(グラスゴー)HIPP(Historically Imformed Performance Practice)科修士課程に進学予定。 2017年よりスーパーストリングスコーベに在籍。東京藝大メンバーによるユニット「カルテットTOKYO」や、「スーパーストリングス・カルテット」としても活動。

堀江牧生 ほりえまきお (2007年度SKO卒)

山根風仁

1990年生まれ。3歳よりチェロを始める。『佐渡裕とスーパーキッズオーケストラ』に参加。大阪府立夕陽丘高等学校を経て、東京音楽大学付属高等学校に編入。卒業後は東京音楽大学を経て、モスクワ音楽院を卒業。これまでにスロバキア国際チェロフェスティバル第1位、日本音楽コンクール入選、松方ホール音楽賞、ビバホールチェロコンクール2位等。大阪フィルハーモニーをはじめとする関西のオーケストラと協演。2009年青山音楽賞新人賞受賞。ローム・ミュージック・ファンデーション2010-2012年度奨学生。2014-2016年度ヤマハ音楽振興会助成を受ける。2019年よりスーパーストリングスコーベに在籍。

尾崎ひかり おざきひかり (2016年度SKO卒)

尾崎ひかり

石川県金沢市出身。 第22回クラシック音楽コンクール全国大会中学生の部3位。2014年金沢フレッシュコンサートオーディションに合格。翌年、金沢芸術創造財団選出のアンサンブルミリオーネ2015メンバーとして市内各地でクラシックお届けコンサート等の活動を行う。ラフォルジュルネ金沢、いしかわ金沢風と緑の楽都音楽祭ほか出演。 2012石川ミュージックアカデミーマスタークラス、2015年、2016年秋吉台ミュージックアカデミーマスタークラス受講。金沢二水高校3年在学中に「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」奨学生として、ドイツダルムシュタット音楽アカデミーにて学ぶ。佐渡裕とスーパーキッズオーケストラ2012年~2016年メンバー。チェロトップを務める。 チェロを上村昇氏、Peter.Wolf氏、中木健二氏に師事。 現在東京藝術大学在学中。勢力的に演奏活動を行っている。

〈コントラバス〉

2020サマーコンサート出演決定!
山田尚代 やまだひさよ (2010年度SKO卒)

山田尚代

兵庫県姫路市出身。9歳よりコントラバスを始める。「佐渡裕とスーパーキッズオーケストラ」に在籍。兵庫県立西宮高校音楽科を経て東京藝術大学音楽学部を卒業。 翌年、東京藝術大学音楽学部別科器楽専修に在学中に渡独。 2017年よりヴュルツブルク音楽大学(ドイツ)にて文屋充德氏のもとで研鑽中。在学中に新日本フィルハーモニー交響楽団、群馬交響楽団、東京交響楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団などのプロオーケストラにエキストラとして出演。 また、学内の有志で「トゥナール セプテット」を結成し2014年「ル・ポン国際音楽祭 姫路」のホリデープログラム、2015年「ラ・フォルジュルネ・オ・ジャポン(東京)」のエリアコンサートに出演。 2016年「小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクトXIV」の喜歌劇「こうもり」(J•シュトラウス)にオーケストラメンバー(塾生)として参加。 これまでにコントラバスを幣一成、幣隆太朗、南出信一、永島義男、吉田秀、池松宏の各氏に師事。 2018年よりスーパーストリングスコーベに在籍。
【使用楽器】Antonio Gagliano(1800年代)

井上大貴 いのうえひろき (2009年度SKO卒)

井上大貴

京都市出身。13歳よりコントラバスを始める。京都市立音楽高等学校卒業。平成25年度財団法人青山財団奨学生。京都市立芸術大学音楽学部在学中に、2年間渡独し、ヴュルツブルク音楽大学生並びにヘッセン州立ヴィースバーデン歌劇場管弦楽団アカデミー生として研鑽を積む。これまでに西口勝、吉田秀、文屋充徳、黒川冬貴の各氏に師事。2017年3月、佐世保にて豊嶋泰嗣音楽監督率いる「チェンバー・ソロイスツ・佐世保」に出演。同年7月、京都市立芸術大学音楽学部を卒業。兵庫芸術文化センター管弦楽団にコアメンバー。2020年より広島交響楽団に入団。

ページトップへ