スーパーキッズ・オーケストラ・OBプロジェクト スーパーストリングスコーベ

Member

〈ヴァイオリン〉

〈ヴィオラ〉

〈チェロ〉

〈コントラバス〉

〈アンサンブル〉

  • RUNE & JUNE
  • カルテット京都
  • カルテット東京

〈ヴァイオリン〉

立上 舞 (SKO初代コンサートミストレス)

立上 舞

6歳よりVnを始め、14歳でソリストとして佐渡裕と共演。 ABC新人オーディション合格、松方音楽賞奨励賞、ブラームス国際コンクール特別賞、第1回Orford音楽賞など多数の受賞歴を持つ。佐渡裕とスーパーキッズオーケストラ第一期生(コンミス)として活躍し、最年少で小澤征爾室内楽勉強会、音楽塾、サイトウキネンオーケストラに参加。在ドイツ日本大使館等、国内外で演奏会を行う。 日本のみならず、北米、欧州のメディアに多数出演。 東京藝術大学卒業時に同声会賞を受賞し、ハンス・アイスラー音楽大学、ベルリン芸術大学大学院を最高得点で卒業。ウィーン国立音楽大学ソリスト科在籍中。 ベルリン放送交響楽団、ベートーヴェンオーケストラボンで活躍した他、「音楽の友」期待されるヴァイオリニストに選ばれている。 文化庁新進芸術家在外研修員、ロームミュージックファウンデーション、YAMAHA音楽財団奨学生。 オフィシャルブログ http://ameblo.jp/happygirlmai-vn

伊藤さくら (2010年度SKO卒)

伊藤さくら

2007年よりスーパーキッズオーケストラに参加、2010年度にコンサートミストレス兼リーダー、10周年記念ツアーで2ndヴァイオリントップとリーダーを務めた。 兵庫県立龍野高校卒業後、桐朋学園大学にてヴァイオリンを篠崎功子氏に、ヴィオラを故江戸純子氏に学ぶ。2014年チェコ国立ヤナーチェク音楽アカデミーに入学。F.ノボトニー氏に師事し2017年学士課程修了。在学中、チェコ国立ブルノフィルハーモニー管弦楽団などで演奏すると共に、チェコ国内の4都市でDUOコンサートを行い好評を得た。第21回ヤナーチェク国際音楽コンクールセミファイナリスト。また、EUエラスムス制度により、チェコ政府からの奨学金を得て1年間、ウィーン国立音楽大学に於いてライナー・キュッヒル氏に師事。その他、国際ユースオーケストラアカデミー(ドイツ)にてゲバントハウスのオーケストラメンバーに指導を受けるなど、ヨーロッパ各地多数のマスタークラスに参加。現在リンツブルックナー音楽大学大学院に在籍。2018年1月よりリヒテンシュタイン交響楽団に入団が決まっている。

川村萌 (2011年度SKO卒)

川村萌

5歳よりヴァイオリンを始める。第10回高槻音楽コンクール教育委員会賞受賞。第63回全日本学生音楽コンクール大阪大会高校生の部入選。中学2年生より佐渡裕とスーパーキッズオーケストラに参加。フランス公演にてセカンドトップをつとめる。これまでに曽我部千恵子、久合田緑、澤和樹、ペーター・コムローシュ、ピエール・アモイヤルの各氏に師事。東京芸術大学卒、現在 同大学修士課程に在籍中。

北條エレナ (2011年度SKO卒)

北條エレナ

ミラノ近郊ノヴァーラ生まれ。幼少時より日本イタリア両国においてコンサート出演。関西フィルと協奏曲共演。高3まで、全国オーディション選抜の佐渡裕率いるスーパーキッズオーケストラの第一バイオリン奏者を務める。京都堀川音楽高校ではコンサートミストレスを務めヴァイオリン専攻首席卒業。大阪神戸の他、イタリアオランダにてリサイタルを開催し好評を博す。オランダインターナショナルミュージックセッションにてスメタナ氏、フランスにてドガレイユ氏、ザルツブルク音大にてフリッシェンシュラーガー氏、イタリアにてトルトレッリ氏のマスターコースを修了し各校にて選抜コンサート出演ディプロマ取得。ロータリークラブ青少年コンクール第1位及びガバナー賞。第20回KOBE国際音楽コンクールC部門(18~32歳)奨励賞。スペインGLOBA国際バイオリンコンクールセミファイナリスト。京都市立芸術大学ヴァイオリン専攻首席卒業。室内楽やオーケストラ、ソロで活動中。

櫃本樹音 (2012年度SKO卒)

櫃本樹音

3歳よりピアノ、8歳よりバイオリンを始める。中学2年生の時に佐渡裕とスーパーキッズオーケストラに入団。(高3まで)スーパーキッズオーケストラの一員として題名のない音楽会に数度出演。また2012年 フランス パリで東日本大震災の鎮魂コンサートに出演。被災地 仙台でのコンサートにも出演。2013年 世界的バイオリニスト Maxim Vengerov の弦楽マスタークラスを横浜みなとみらいホールにて受講。フランス ムジークアルプ音楽セミナー受講。 2014年 第19回神戸国際コンクール優秀賞、神戸市教育委員会賞受賞、ガラコンサートにも出演。Maxim Vengerov & Young Artist / マキシム・ヴェンゲーロフ&ヤングアーティスト ゲスト イヴリーギトリス に出演。ガブリエルリプキンのマスタークラスを東京、オランダに受講。第17回日本演奏家コンクールにて特別賞受賞。2017年3月小澤征爾音楽塾に出演。 これまで浅井咲乃、村瀬理子、豊嶋 泰嗣に師事。 2013年京都市立京都堀川音楽高等学校、弦楽専攻首席卒業。 2016年青山財団奨学生。 2017年京都市立芸術大学首席卒業。

勝又菜穂 (2011年度SKO退)

勝又菜穂

神戸市出身。 5歳よりヴァイオリンを始める。 2006年より佐渡裕とスーパーキッズオーケストラに参加。小澤征爾音楽塾オーケストラプロジェクトⅡ、2016年にはウィーンフィルハーモニー管弦楽団のプロジェクトでのユースオーケストラなどで研鑽を積む。 第8回万里の長城杯国際音楽コンクール 第2位、第11回関西弦楽コンクールにおいて最優秀賞および審査員特別賞を受賞、第13回全日本学生音楽コンクール大阪大会奨励賞を受賞。 2016年 明石フィルハーモニー管弦楽団とメンデルスゾーンヴァイオリン協奏曲を共演。 東京藝術大学音楽学部音楽高校を卒業。京都市立芸術大学に在学中。 四方恭子 澤和樹 沼田園子 景山誠治 山崎貴子 若林暢 近藤緑 林泉 吉田馨 磯村洋子 各氏に師事。 室内楽をMarko Ylönen 澤和樹 四方恭子 上村昇 上森祥平 各氏に師事。

柳楽毬乃 [なぎらまりの] (2012年度SKO卒)

柳楽毬乃

6歳よりヴァイオリンを始める。 第16回KOBE国際音楽コンクール優秀賞受賞。同ガラコンサート出演。第59回西日本国際音楽コンクール入賞。 2010年「佐渡裕とスーパーキッズ•オーケストラ」のオーディションに合格し3年間在籍。同オーケストラの一員として2011年にはパリユネスコ本部において東日本大震災メモリアルコンサート、サントリー一万人の第九をはじめ国内外の演奏会に参加する。また2013年には同オーケストラ10周年ツアーにOGとして参加し全国5ヶ所での演奏会及び「題名のない音楽会」に出演。 2010年.2011年ミュージックセミナーinトマム、2013年MusicAlp夏期国際音楽アカデミーinティーニュ、2014年ガブリエル•リプキンマスタークラス、夏の弦楽アンサンブルアカデミーin軽井沢を受講。 2015年ウィーンナームジークセミナーのオーディションに合格し受講料免除にてウィーン国立音楽大学でのセミナー、島根県大田市大森にて破魔澄子氏のマスタークラスを、2016年京都フランス音楽アカデミー、ジャパン・ストリング・カルテットを、chember music in Doromiteを受講する。また、なかうみ交響楽団とメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲を共演。 島根県立出雲高等学校卒業。 これまでに、井川晶子、芦原充、玉井洋子、玉井菜採、豊嶋泰嗣、田村安祐美、ヴィオラを小峰航一、室内楽を上森祥平の各氏に師事する。 現在、京都市立芸術大学音楽部4年在学中。来年度、同大学院音楽研究科器楽専攻進学予定。

堀内星良 (2013年度SKO卒)

堀内星良

3歳よりヴァイオリンを始める。第66.67回全日本学生音楽コンクール大阪大会入選、第34回アゼリア推薦新人演奏会合格、第4回秋吉台音楽コンクール第4位、2015飛騨河合音楽コンクール第2位併せて河合賞(最高位)、第6回クオリア音楽コンクールコンサーティスト部門大賞、第18回さくらぴあ新人コンクール第1位さくらぴあ大賞等多数受賞。 ミュージック・アカデミーinみやざきにて奨励賞受賞。2015年滋賀県芸術文化祭奨励賞を受賞し、2016ザ・ファーストリサイタルをびわ湖ホールで開催。平成28年度平和堂財団音楽部門芸術奨励賞受賞。 また学内の試験にて安宅賞を受賞し、奏楽堂にて広上淳一指揮、芸フィルとシベリウスのヴァイオリン協奏曲を共演。 びわこミュージックハーヴェスト、いしかわミュージックアカデミー、ミュージック・アカデミーinみやざき、京都フランスアカデミー、英国湖水地方音楽祭、シオン夏期国際音楽アカデミー等多数のマスタークラスを受講。2013.2015ラ・フォル・ジュルネびわ湖に参加、佐渡裕とスーパーキッズオーケストラに5年間在籍、2016小澤征爾音楽塾に参加。室内楽で、2015年4月ルナーリア弦楽四重奏団のメンバーとして第2回アジア太平洋音楽サミット(北京)に藝大より派遣される。学内での試験で優秀な成績をおさめ、室内楽コンサートに出演、6月 名曲サロン Vol.1 「雨の日に聴きたい 弦楽四重奏曲」に出演等、積極的に活動中。戸塚さくらプラザレジデントアーティスト。 これまでにヴァイオリンを中谷真美、池川章子、ジェラール・プーレ各氏、現在、玉井菜採、ソンシク・ヤン各氏に、室内楽を山田百子、大友肇、菊地知也、伊藤恵、市坪俊彦、林俊昭各氏に師事。 滋賀県立石山高等学校音楽科を経て東京藝術大学音楽学部四年生。

中川雲母 (2013年度SKO卒)

中川雲母

2012年~2014年 佐渡裕とスーパーキッズオーケストラに参加。 兵庫県立西宮高等学校音楽科卒業。 第23回日本クラシック音楽コンクール5位受賞。 第7回 クオリア音楽コンクール2位受賞。 第2回 ダヌビアタレンツ国際音楽コンクール(ハンガリー)2位受賞。 現在、京都市立芸術大学3年生。 大谷玲子氏に師事。

大和美祈 (2014年度SKO卒)

5歳よりバイオリンをはじめる。 2008年よりスーパーキッズ・オーケストラに入団し、2014年に卒団。 2016年第26回日本クラシック音楽コンクール弦楽器部門大学の部全国大会3位。 2016年より長岡京室内アンサンブルメンバーとして活動中のほか、現在、兵庫県立西宮高等学校音楽科、作陽音楽短期大学を経てベルギーのブリュッセル王立音楽院に在学中。 これまでに、松本尚三、谷本華子、高木和弘、アキ・ソリエール、森悠子の各氏に師事。

平井菜月美 (2014年度SKO卒)

平井菜月美

5歳よりヴァイオリンを始める。 第62回全日本学生音楽コンクール大阪大会入選。 第10回関西弦楽コンクール優秀賞及び審査員賞。 第15回万里の長城杯国際音楽コンクール弦楽部門高校の部第2位(最高位)。 2014年「佐渡裕とスーパーキッズ・オーケストラ」卒団。 兵庫県立西宮高等学校音楽科卒業。 現在、大阪教育大学教育学部教養学科芸術専攻音楽コース3回生。

林周雅 [はやししゅうが] (2015年度SKO卒)

2005年関西弦楽コンクール 優秀賞及び審査員特別賞授賞。2009年全日本学生音楽コンクール、大阪大会小学校の部第2位、全国大会横浜市民賞授賞、2009年日本クラシック音楽コンクール全国大会第2位(1位なし)。2010年京都芸術祭「世界に翔く若き音楽家たち」 京都新聞社賞授賞。2011年全日本学生音楽コンクール、大阪大会中学校の部奨励賞。2011年大阪城西の丸庭園にて大阪フィルハーモニー 交響楽団と 「星空のステージ」にソリストとして共演。楽天イーグルス対日本ハムファイターズの試合前での国歌演奏/始球式の大役を努める。2012年たけしの日本のミカタの密着取材を受ける。 2014年岐阜国際音楽祭高校の部第1位、岐阜県知事賞授賞。2014年全日本学生音楽コンクール大阪大会高校生の部第2位全国大会入選。 2014年日本クラシック音楽コンクール、全国大会高校生の部第3位(1位なし)。 2015年日本センチュリー交響楽団とツィゴイネルワイゼンを共演。摂津音楽祭リトルカメリアコンクール金賞(第1位) 聴衆賞 大阪府知事賞授賞。 ほかに、2007年(小学4年生)~2015年(高校3年生)まで、佐渡裕スーパーキッズオーケストラに所属。 2014年~2015年まで2年連続コンサートマスターを務める。 2007年~現在まで、ポップス、jazzユニットRio&Syugaを結成。CD3枚、DVDリリース。現在、東京藝術大学器楽科2年生。

宮崎絢花 [みやざきあやか] (2016年度SKO卒)

宮崎絢花

4歳半よりバイオリンを始める。 第70回全日本学生音楽コンクール大阪大会第3位、全国大会横浜市民賞(聴衆賞)及び入選。第24回日本クラシック音楽コンクール高校の部第4位、第26回同コンクール高校の部第2位(最高位)。 第21回KOBE国際音楽コンクール最優秀賞、神戸市民文化振興財団賞。 第35回アゼリア新人演奏会に出演、優秀賞受賞。 第2回豊中音楽コンクール第1位、最優秀賞(豊中市長賞)。 2011~2017まで「佐渡裕とスーパーキッズオーケストラ」に在籍、2016年度コンサートミストレスを務める。 これまでに、林美紗氏、田村千恵子氏に師事、増永花恵氏より指導を受ける。現在、玉井菜採氏に師事。兵庫県立西宮高校音楽科を経て、現在東京藝術大学1年に在学中。

〈ヴィオラ〉

有田朋央 (2010年度SKO卒)

長田健志 (2012年度SKO卒)

長田健志

兵庫県宍粟市出身。2015年姫路パルナソス音楽コンクール入賞する。 また、日本演奏家コンクールにて、奨励賞を受賞する。 2016年9月よりカルテット振興プロジェクト「プロジェクトQ」に選ばれる。 これまでに、ヴァイオリンを芦原充、ヴィオラを大槻桃子、各氏に師事。 現在 東京藝術大学器楽科在学中、室内楽を山田百子、中木健二、各氏に師事。ヴィオラを大野かおる、市坪俊彦、各氏に師事。

小椋小野花 [おぐらさやか] (2013年度SKO卒)

小椋小野花

奈良女子大学附属中等教育学校卒業。 第67回全日本学生音楽コンクール高校生の部 大阪大会入選 第25回日本クラシック音楽コンクール大学生の部第4位(最高位) 第3回いこま国際音楽祭マスタークラス受講、ニコラス・チュマチェンコに指導を受ける。 2012年より佐渡裕とスーパーキッズオーケストラにヴィオラで参加。 これまでに五十嵐由紀子、泉原隆志の各氏に師事。 現在、京都市立芸術大学4回生。

石井沙英 (2015年度SKO卒)

石井沙英

石井沙英 (2015年度SKO卒)兵庫県出身。 中学1年でSKOに入団し、6年間ヴィオラパートに在籍。 在籍中、東北支援活動をはじめ、パリ公演など数多くの演奏会に参加。語学や海外の文化に興味を持ち、高校では英語を重点的に学んだ。その後、アート、ファッション、映画などの分野でフランス文化に興味を持ち、大阪大学外国語学部フランス語専攻に入学。現在大阪大学2年生。ヴィオラを勉強を続ける傍ら、フランス語を専門的に勉強中。

桂田光理 (2015年度SKO卒)

桂田光理

1997年生まれ。東京藝術大学音楽学部二回生在学中。 第16回日本演奏家コンクール弦楽器部門第一位。第24回日本クラシック音楽コンクールビオラ部門第三位(最高位)。 2012年3月 スーパーキッズオーケストラパリ公演参加。2016年3月イタリア世界遺産・音楽芸術国際フェスティバル日本代表。2017年1月小樽ヴィオラマスタークラス参加・演奏会出演。2017年小澤征爾音楽塾オペラプロジェクト参加。 これまでに、ザザ・ゴグア、山本由美子、市坪俊彦の各氏に師事。

和田美祈 (2016年度SKO卒)

和田美祈

9歳からヴァイオリンを、17歳からヴィオラを始める。佐渡裕とスーパーキッズ・オーケストラ2015,2016に参加。第4回いかるが音楽コンクール弦楽器プロフェッショナルの部高校生第1位、第26回日本クラシック音楽コンクールヴィオラ部門第3位(最高位)受賞。ヴァイオリンを谷本華子氏、永ノ尾文江氏に、ヴィオラを市坪俊彦氏、杉山雄一氏に師事。兵庫県立西宮高等学校音楽科卒業、現在東京藝術大学1年在籍。

二上りか子 (2016年度SKO卒)

二上りか子

1998年生まれ。奈良県出身。 3歳からヴァイオリンを始める。第14回 KOBE国際学生音楽コンクール優秀賞、兵庫県芸術文化協会理事長賞。第18回 関西弦楽コンクール優秀賞、審査員賞。第70回 全日本学生音楽コンクール大阪大会本選奨励賞。第26回日本クラシック音楽コンクール高校の部第4位。彩の国String Competition4th 最優秀賞。いこま国際音楽祭でクロージングコンサート出演、及び聴衆賞。ミュージックセミナーinゆうばりに参加。2014年~2016年 佐渡裕とスーパーキッズオーケストラにヴィオラで在籍。現在、野口千代光氏に師事。東京藝術大学1年在学中。

〈チェロ〉

櫃本瑠音 (2011年度SKO卒)

櫃本瑠音

2008年 中学3年より佐渡裕とスーパーキッズオーケストラに参加、首席チェロを務める。第11回泉の森ジュニアチェロコンクール高校生以上の部優勝。第65回全日本学生音楽コンクール高校生部門第3位。第66回全日本学生コンクール大学生部門優勝。2013年9月、JT期待の音大生によるアフタヌーンコンサートに出演。2014年8月、佐渡裕、シエナウインドオーケストラと共演。題名のない音楽会にソリストとして出演。 2016年 京都市立芸術大学 弦楽専攻 首席卒業。 今までに 山岸 孝教、雨田一孝、上村昇に師事。

山根風仁 (2014年度SKO卒)

山根風仁

1996年高知県生まれ。チェロを10歳で始める。2009年~2014年、佐渡裕率いるスーパーキッズ・オーケストラのメンバーとして活動。2013年~2014年、首席チェロ奏者を務める。 2010年ブルガリア国立ソフィアフィルハーモニー管弦楽団と共演、その演奏は、「芸術家として、非常に強い感動を与えた」「早晩、世界的に有名なチェロ奏者たちに名を連ねるだろう」と、地元紙に絶賛された。 2011年第13回関西弦楽コンクール優秀賞及び審査員賞を受賞。 2012年第22回日本クラシック音楽コンクール弦楽器部門第1位。 2013年第5回姫路パルナソス音楽コンクールにて、池辺晋一郎賞(最優秀賞)受賞。 2014年第14回泉の森ジュニアチェロコンクール高校生以上の部金賞。第68回全日本学生音楽コンクール高校の部第2位。 2015年同コンクール大学の部第2位。 2016年第12回ビバホールチェロコンクールにて井上賞(特別賞)受賞。ルーマニア国際音楽コンクールアンサンブル部門第2位。 これまでに高知と姫路などで定期的にソロリサイタルを開催。いずれも好評を博す。また、新曲作品の初演にも積極的に取り組んでいる。 チェロを上塚幸代、上塚憲一、河野文昭、鈴木秀美の各氏に、室内楽を河野文昭、松原勝也、山田百子、林俊昭の各氏に師事。 土佐高校を卒業。現在東京藝術大学器楽科3年在学中。

尾崎ひかり (2016年度SKO卒)

尾崎ひかり

石川県金沢市出身。 第22回クラシック音楽コンクール全国大会中学生の部3位。2014年金沢フレッシュコンサートオーディションに合格。翌年、金沢芸術創造財団選出のアンサンブルミリオーネ2015メンバーとして市内各地でクラシックお届けコンサート等の活動を行う。ラフォルジュルネ金沢、いしかわ金沢風と緑の楽都音楽祭ほか出演。 2012石川ミュージックアカデミーマスタークラス、2015年、2016年秋吉台ミュージックアカデミーマスタークラス受講。金沢二水高校3年在学中に「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」奨学生として、ドイツダルムシュタット音楽アカデミーにて学ぶ。佐渡裕とスーパーキッズオーケストラ2012年~2016年メンバー。チェロトップを務める。 チェロを上村昇氏、Peter.Wolf氏、中木健二氏に師事。 現在東京藝術大学1年在学中。

雲竜笙子 (2015年度SKO退)

雲竜笙子

三歳よりチェロを始める。2010年~2015年、佐渡裕とスーパーキッズオーケストラのメンバーとして活動。2015年、首席チェロ奏者を務める。2011年、第16回KOBE国際音楽コンクール A部門弦楽の部 最優秀賞及び兵庫県教育長賞。2013年、平成24年度福井県新人演奏会オーディションに合格し、同演奏会に出演。第13回泉の森ジュニアチェロコンクール中学生の部 金賞。2015年、第69回全日本学生音楽コンクールチェロ部門高校の部東京大会入選。 野村幸夫、雨田一孝、木内哲也、河野文昭、各氏に師事。 京都市立京都堀川音楽高校を卒業し、現在、東京芸術大学音楽学部器楽科チェロ専攻に在学中。

〈コントラバス〉

井上大貴 [いのうえひろき] (2009年度SKO卒)

井上大貴

京都市出身。13歳よりコントラバスを始める。京都市立音楽高等学校卒業。平成25年度財団法人青山財団奨学生。京都市立芸術大学音楽学部在学中に、2年間渡独し、ヴュルツブルク音楽大学生並びにヘッセン州立ヴィースバーデン歌劇場管弦楽団アカデミー生として研鑽を積む。これまでに西口勝、吉田秀、文屋充徳、黒川冬貴の各氏に師事。2017年3月、佐世保にて豊嶋泰嗣音楽監督率いる「チェンバー・ソロイスツ・佐世保」に出演。同年7月、京都市立芸術大学音楽学部を卒業し、9月より、兵庫芸術文化センター管弦楽団にコアメンバーとして入団予定。

高本知弥 (2015年度SKO卒)

高本知弥

12歳の時にコントラバスを始める。過去にセンチュリーユースオーケストラ、佐渡裕とスーパーキッズオーケストラに在籍。これまでに内藤謙一、南出信一、池松宏、吉田秀の各氏に師事。兵庫県立西宮高等学校音楽科を経て現在東京藝術大学音楽学部器楽科一年に在籍。

デピューリー雪乃 (2016年度SKO卒)

デピューリー雪乃

滋賀県出身。6歳よりヴァイオリン、12歳よりコントラバスを始める。京都市立京都堀川音楽高校卒業、京都市立芸術大学1年生。これまでに黒川冬貴、西口勝の各師に師事。現在、アンサンブルやジュニアオーケストラ、県内の中学校での楽器指導など広く活動をしている。

ページトップへ